フランス・パリ発!パリの最新情報、旅行情報、ニュース

 エミトラベルパリのガイド、スタッフがフランス・パリの魅力、パリの最新情報、旅行情報をお届けします!
パリエリア別ホテル

モンサンミッシェル観光ツアー

ハネムーン限定プレゼント

ベルサイユ宮殿観光ツアー

パリ夜景イルミネーション観光ツアー

パリレストラン検索

パリ空港ホテル送迎

日本人ドライバーチャーター
パリのクリスマスイルミネーション

12月のパリの夜は、一年の中でもっとも華やか。クリスマス(ノエル)に向けて華やかに飾り立てるクリスマスイルミネーションが、街行く人々の心はワクワクさせてくれます。


パリのクリスマスイルミネーションに欠かせないのが、シャンゼリゼ大通りのイルミネーション。
凱旋門からコンコルド広場まで全長約2キロに広がる並木通りの華麗なイルミネーションは絶対必見です!
★期間:2009年11月23日〜2010年1月10日まで(予定)




クリスマス期間に特別に登場するコンコルド広場の大観覧車。
ここから眺めるパリの景色もまた格別のことでしょう。
★期間:2009年11月20日〜2010年1月20日まで
★料金:大人10ユーロ、子供(10歳まで)5ユーロ




デパート・ギャラリー・ラファイエットのゴージャスなイルミネーション
★期間:2009年11月12日〜2010年1月2日まで
★12月は、クリスマス12/25前まで、日曜も特別営業します
(特別営業日:12月6日、13日、20日)




デパート・プランタンのイルミネーション・ポムナード
★期間:2009年11月12日〜2010年1月2日まで
★12月は、クリスマス12/25前まで、日曜も特別営業します
(特別営業日:12月6日、13日、20日)



この期間、エミトラベルでおすすめイチオシツアーは やっぱりイルミネーションツアーです。22時からのゆっくりスタートなので、お食事やお買い物の後から参加できます。ご参加者全員、パリ市内ご宿泊先までのお送り付きなので、安心して参加できますね。

パリの夜景 イルミネーションツアー
・催行日:毎週火・木・土曜日(年末年始は特別催行日あり)
・22時〜
・日本人アシスタントガイド付き
・ご参加者全員、パリ市内ご宿泊先までお送りいたします
イベント : comments (x) : trackback (x)
シャンパーニュ地方のぶどう畑の丘で…


十字軍遠征を唱えたローマ法王ウルバン2世はシャンパーニュ地方
の出身です。
シャンパーニュ地方にあるシャチヨン村のぶどう畑の丘には、
法王の巨大な像があります。

クリスマスはシャンペンが一番の季節。
ウルバン2世の姿は説教しているよりも乾杯しているように見えてきますね。

by:はまだガイド
フランス観光 : comments (x) : trackback (x)
パリの清掃車


パリの街を清掃するクリーンカー(清掃車)は、
緑の車と緑の作業着が目印です。
パリの道を一気にジェット水でキレイにしています。



パリの街歩きには、必ずお見かけする[Proprete de Paris]略して[PP]マークのこの作業服の人達と小さな車は、いつもパリの街をキレイに保ってくれています。
パリ散歩 : comments (x) : trackback (x)
10月25日 冬時間のお知らせ


10月最後の日曜日。10月25日からフランスでは冬時間に切り替わります。
10月25日 午前3時→午前2時に。

24日の就寝前に時計を1時間戻してお休みください。

日本との時差は マイナス7時間からマイナス8時間に変更となります。
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
ボルドー最高級ワイン シャトー・マルゴー


ボルドーでも最高クラスのワインを醸造する
シャトー・マルゴー(Chateau Margaux)。




ブドウの収穫も終わり新樽がトラックで運ばれている風景を
見ることができます。
世界に冠たるシャトー・マルゴは
今年も素晴らしいワインになりそうです。


シャトー・マルゴ(Chateau Margaux) 公式サイト>>


by:はまだガイド
フランス観光 : comments (x) : trackback (x)
フランスワインのすすめ〜ブドウ収穫の時期を迎えました〜


 ワイン作りに適した気候と風土、
 有名なワイン文化を誇る
 「フランスワイン」。
 そのフランスワインの元となる
 ブドウの収穫がいよいよ
 クライマックスを迎えています。
 地方によって異なりますが
 ワインとなるブドウの収穫は
 9月頃。今年2009年の
 ブドウは、全般的に良好、
 高収穫量と言われています。
 名高いボルドーワインは、
 8月末より白ワイン用ブドウの
 収穫を初め、9月末に赤ワイン
 用ブドウの収穫を始めます。

日本でも有名なボジョレ・ヌーボー販売開始は11月の第3木曜日。
店頭に2009年ラベルがお目見えするのはもう少し先ですが、旅行に来た際には、ぜひフランスの文化とも言えるワインを味わっていただきたいと思います。
パリのショップ情報 : comments (x) : trackback (x)
旅先から絵ハガキを送ってみましょう

旅先から友達や家族にその土地の
絵ハガキを送る…。

どこに居てもメールや携帯電話でいつでも連絡が取れる便利な世の中、ちょっと昔にタイムスリップして、絵ハガキを郵便で送るのも
新鮮な感覚ではないでしょうか?

パリのポストカードは、街のキヨスクや雑貨屋さん、お土産屋さんで購入できます。
地方の観光地も町のタバコ屋さんやお土産屋さんで素敵なポストカードを選んでください。

切手は、郵便局の窓口で。
切手選びはフランスの名所8景が描かれた
「LA FRANCE EN TIMBRES」がおすすめです。


切手は、パリのノートルダム大聖堂、エッフェル塔、アルザスの木組み建物、ボルドーのワイン畑、ロワール古城、ニースの海岸、プロバンス、そしてモンサンミッシェルの8種類がセットになっています。
フランス国内から日本へももちろん世界中どこの国にも送れます。

フランスの香りを親愛なる方へお届けください。



★LA FRANCE EN TIMBRES
・フランスの名所8景、8枚切手セット
・料金:6.8ユーロ
・20グラムまでの書状を郵送できます
・フランス国内から世界中どこの国にも送れます

★日本へ送るハガキの宛名書き
・宛名、住所は日本語で大丈夫です。
・「日本行き」を示す「JAPON」を大きく分かりやすく書きます。
・「航空便」を示す「PAR AVION」を宛名の空白に書きます。
・切手は、ハガキの右上に貼ります。
・ご自身の名前・連絡先は、メッセージの最後に、または宛名裏面に明記します。


協力:もりガイド
フランス観光 : comments (x) : trackback (x)
ヨーロッパ文化遺産の日 9月19日・20日

フランス各地の美術館・教会・歴史的建造物が
無料で見学できる「ヨーロッパ文化遺産の日」。
今年は9月19日(土)と
20日(日)の2日間です。
美術館・教会の他にも、
普段は公開されていない
大統領のいるエリゼ宮や
国の官邸・庁舎なども
無料で一般公開されます。

有名な所は、朝から長い
行列ができるので、
覚悟してお出掛けください。


ご参考までに、去年2008年の
「ヨーロッパ文化遺産の日」
パリでの人気見学箇所TOP5
です。





★2008年度「ヨーロッパ文化遺産の日」パリ人気見学箇所TOP5
@凱旋門(訪問人数:1,543,295人)
Aサントシャペル教会(訪問人数:866,982人)
Bパンテオン(訪問人数:507,452人)
Cコンシェルジュリー(訪問人数:415,225人)
Dノートルダム大聖堂(訪問人数:398,770人)


ヨーロッパ文化遺産の日 公式サイト>>
・2009年9月19日(土)・20日(日)の2日間
イベント : comments (x) : trackback (x)
ルーブル美術館とノートルダム大聖堂パリセーヌ河を歩いて

::::体験レポート::::

今年の初夏から始まったエミトラベルパリの新ツアー
ルーブル美術館とノートルダム大聖堂パリセーヌ河を歩いて
を体験してきました。

このツアーは、豊富な知識と長年パリに在住するParisを知り尽くしたフランス国家公認ガイドさん達が厳選した『究極のパリ観光ツアー』




本日のガイドさんは、楽しいガイドでファンも多い浜田ガイドさん。
まずは、集合場所にて、イヤホンガイドの使い方を説明してくれました。ガイドさんの声が耳元で聞こえるので、安心です。迷子防止にもなるそうです。




この日の最初は、ルーブル美術館へ。
全作品を見て回れば1週間はかかると言われている巨大な美術館を効率よくポイントをおさえて案内してくれました。
人の多さにもびっくりです!自分達だけで回ったら迷子になりそうでした…




作品に隠されている歴史背景や特徴を、時には笑い混じりに、時には力強く説明してくれました。分かりやすい説明は、聞いていて楽しいですね。作品一つ一つに興味を持って鑑賞することができました。




これが!本物!!「モナ・リザ」
フラッシュ禁止なので、デジカメの事前設定には要注意です。




ルーブル美術館の後は、セーヌ河へ向かいました。
何気ない館の建物も、浜田ガイドさんの手にかかれば…
そこには歴史やフランスの文化があったことを発見します。




芸術橋から見るパリの景色は最高です!!
ああ〜、パリに居る!と実感できます。




セーヌ河とシテ島の絶景。
このエリアはユネスコ世界遺産に登録されています。




そして、パリ発祥の地。シテ島ノートルダム大聖堂へ。
美しいステンドグラスは外から見ても、中から見ても素晴らしい!

その後、ツアーはお昼過ぎ12時30分頃、解散となりました。

パリのど真ん中だったので、サンジェルマンデプレなどある左岸へ渡る方、オペラ座へ行く方、シテ島の近くでランチをしてから、朝にもらった入場券を使ってもう一度、ルーブル美術館に戻る方など、いろいろ居られましたが、浜田ガイドさんがしっかり午後観光のアドバイスをしてくれました。


浜田ガイドさん、半日ありがとうございました!



★ルーブル美術館とノートルダム大聖堂パリセーヌ河を歩いて>>
・毎週 月・水・土 曜日催行
・コースはフランス政府公認ガイドがご案内をいたします
パリ観光 : comments (x) : trackback (x)
フランスで愛される紅茶::パリで流行のロシアティー::


カラフルなパッケージロゴが目を引くロシアの老舗紅茶ブランド
<KUSMI TEA>。
良質で名高いこのKUSMI TEAがフランスで愛されて
140周年を迎えます。

紅茶といえば英国、フランスといえばコーヒーを思い浮かべますが、実はフランス人も紅茶が大好き!有名なフォション 、マリアージュ フレール、ラデュレなど…紅茶の名ブランドが沢山ありますよね。
その中でも、KUSMI TEAはパリジェンヌに大人気!豊富なフレーバーと品質、パッケージが人気の秘訣でしょうか?


その中でも、お土産におすすめなのが、
5種類のミニ缶と一人前から使えるティーインフューザーが付いているお得なセット19.80ユーロ(↑)
かわいいミニ缶は、紅茶を飲み終えた後にも小物入れに活躍しそう♪
軽い上に壊れないので、スーツケースに入れても安心です。


↑カラフルでキュートなビニール製バック(12ユーロ)もお土産入れやエコバック、ピクニック・レジャーに活躍しそうです。


★KUSMI TEA

住所:56,RUE DE SEINE 75006 PARIS
最寄り駅:
St Germain des Pres(メトロ4番線)
Mabillon(メトロ10番線)
Odeon(メトロ4・10番線)

※その他、デパートなどにも店舗あり
パリのショップ情報 : comments (x) : trackback (x)
エミトラベルパリ
Sep.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30